中古車流通産業の発展の歴史

中古車流通産業の発展の歴史

中古車流通産業の発展の概況は、日本の中古車の年間登録台数は、1992年に初めて新車の販売台数を上回りました。 2005年までの登録台数は、合計800万台となりました。中古車市場は、拡大安定傾向で安定して来ました。新車の販売台数と推定される中古車の実台数を比較してみると、 新車:中古車の割合は3:2となっています。

日本の中古車販売業界の形成期は、1950年代にさかのぼります。1955年ごろから、 経済復興を受けて一般消費者層が自動車産業の中心になって行き、初めて車を購入する人が増えると同時に、 新車の販売が急増してきました。1960年代には、中古車流通のしくみがまだ整っておらず、新車ディーラーは、 自社で販売しきれない下取車を直接、またはブローカーを介するなどして独立系販売業者に流していました。独立系業者は、 零細企業が中心で、市場の主導権は新車ディーラーが握っていましたが、ディーラーは、中古車部門にあまり力を注いではいませんでした。 まだまだ新車が中心だった時代でした。1970年代にはオークション形式での業者間取引が各地で行われるようになり、 1980年代には、大規模な現車オークションや、オークネットという通信を介したネットオークションなどが行われるようになりました。

[特集]
中古車を売却するのに最適な車買取一括査定サイトです・・・車買取一括査定サイト
男性型脱毛症、俗に言うAGAの治療を専門に行っている医療機関のサイトです・・・AGA